Cookies   I display ads to cover the expenses. See the privacy policy for more information. You can keep or reject the ads.

Video thumbnail
僕はイタリア人の読者として、浅野さんの作品や、浦沢直樹、山本英夫
宮沢健吾の作品なども主流の漫画とは違うジャンルに見えます。
このジャンルにはそんなに大きな違いがありますか?主流の作品を描いている漫画家たちも社会問題について語りたいと思いますか。
『おやすみプンプン』にはトラブルが多い家族の間の難しい関係が描かれています。
この作品のコンセプトはどこから来ましたか?なぜこの物語を描きたいと思いましたか?
あなたにとって、人間が純粋さを失ってしまうということが、良いことだと思いますか?それはなぜ?
なぜ作品にはリアルな要素とシュールな要素を交互に入れようと思いましたか?
『ソラリン』などには死のテーマを直接に扱われています。
あなたにとって「死」は何ですか?なぜ漫画を通して話すべきテーマだと思いますか?
『海辺の女の子』の話の中にはセックスが重要視され、複雑に扱われ、そして社会への批判としても使われているでしょう。
セックスに関してはどう思いますか?日本人の日常生活にはどんな役割を果たしていますか?
『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 』を読めば、日本人はいつでも災害が起きるという状態に慣れてきたことが分かります。
現在の日本にとって一番大きな危険は何だと思いますか?
あなたの作品にはキャラクターの精神状態が気の狂うまで崩れていくことがよく描かれています。
なぜこのような傾向がありますか?
一般的には、漫画家の仕事に関して、編集者の話があまり聞きません。
自分の編集者とどんな関係がありますか。いい作品の構成には編集者の影響が大きいですか?
歴史を振り返れば、漫画やコミックなどが庶民に大きな影響を与えて、その時代の現状を見せることさえできたでしょう。
ある作者たちは読者に現実を見せるためにわざと自分の作品を作ったこともあります。あなたはどんな目的で漫画を描いていますか。
背景を描くために、宮沢健吾も使う写真のトレーシングが一番有効的なテクニックだと思いますか?
最近漫画を読んでいますか?
好きな漫画家は?イタリアの皆さんにお勧めしたい漫画家は?